HOME > 人事労務管理 > パワハラ対策・セクハラ相談窓口の設置

パワハラ対策・セクハラ相談窓口の設置

社員は「働きやすい職場環境の中で働く」ことを権利として主張できます。
企業は全社員に対し、社員の意に反する言動により不利益を与え、就業環境を悪化させるようなことを行わせてはなりません。

パワハラ・セクハラ対策

パワハラ・セクハラ対策企業には、職場でのセクシャルハラスメントを防止するための適切な配慮を行うことが義務づけられています。
この配慮を怠り、実際にセクハラが起きたような場合は、企業が賠償責任を問われることも覚悟しなければなりません。
このようなことが起きないように、「セクハラ相談窓口」を開設されませんか。
貴社内の担当部署や上司に相談することをつい躊躇してしまうようなケースには、外部機関の存在が有効です。

パワハラ・セクハラ対策また、最近では“パワハラ”の被害も急増していますので、「セクハラ・パワハラ相談窓口」に範囲を広げることもできます。
岩城労務管理事務所では、相談で解決できる問題、貴社総務部と連携を取り対応すべき問題の区分を設け適切に対応します。相談手段はE-mail、電話、Fax、面談等、貴意に添った形で相談窓口を設置します。
(面談の場合は予約制です)
また、セクハラに関する社員の認識を深めるための研修会の開催、資料の作成業務も行います。

「サービス」等に関する疑問・質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合わせこちらから
ページ上部へ