HOME > 給与計算 > 給与計算について

給与計算について

企業と従業員は、労働に対して給与(労働の対価)を支払うという労働契約で成り立っています。
給与は「期日までに」「正確に」行われることが当然であり、給与計算は労働契約履行のための根幹業務です。
また所得税や住民税は、企業が従業員に代わって源泉徴収し、税務署や自治体に納付することになっており、さらに、健康保険や厚生年金保険といった社会保険料の従業員負担分も、企業が給与から控除し、同額程度の会社負担保険料を加算して、日本年金機構、協会けんぽや健康保険組合に納付します。
これらはすべて法令で定められており、給与計算を正確に行うためには、労働基準法・雇用保険法・健康保険法・厚生年金保険法・税法などさまざまな法律を総動員する必要があります。しかし、毎年のように法改正があり、またいずれもかなり複雑です。とはいえ、「知らなかった」で済ませられるものではありません。
給与計算は、企業にとって非常に重要な業務といえます。

給与計算で注意が必要なシーン

以下のような場合、給与計算では注意が必要となります。

  • 従業員(パートタイマー、アルバイト含む)を採用した場合
  • 従業員等が退職した場合
  • 従業員が家族を扶養にする場合
  • 従業員の住所や氏名が変更になった場合
  • 従業員が休職または復職した場合
  • 従業員に賞与を支払う場合
  • 年末調整を行う場合
  • 算定基礎届を提出した場合
  • 給与が大幅に増額または減額した場合  など

岩城労務管理事務所の提供サービス

  • 給与計算代行業務(アウトソーシング)
  • 給与データ管理業務
  • 勤怠管理業務
  • 有給休暇の管理業務

「サービス」等に関する疑問・質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合わせこちらから

<三軒茶屋オフィス>
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂4-1-1
キャロットタワー6F
Tel:03-3410-1010
Fax:03-3410-4864
E-Mail:info@iwaki-pmo.co.jp
<本社>
〒154-0017
東京都世田谷区世田谷1-33-2

ページ上部へ